typeM blog
映画やゲームや日々の出来事。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想水滸伝V発売
お昼休みにダッシュで買いに行きました。
そしたら一個だけ残っていてなんとか買えました・・・。あとで、ネットで見たら予約特典のDVDとかあったのを知って落ち込んでいるのは秘密です。

前作のIVが・・・あまりにもダメっぷり全開だったので今回は買うのどうしようか悩んだんですよ。いまだにIIの名作っぷりにしがみついてますw

仕事が忙しくて、まだ全然やってないので、ストーリーに関してはよくわかりませんが、IとかIIな感じに戻りつつあるのかな?って印象。
キャラ濃すぎじゃない?w妹とか妹とか妹とかそのお付の人とかwあれ、狙いすぎでしょw
ただ、機能面では最悪。カメラのアングル変えられないし、ロード長すぎ(まぁ、ロード長いのは今に始まったことじゃないですけどね)。戦闘終わってロードってどうなのよ?
これ、絶対見にくいアングルに何かあったりするよね・・・。
この機能面で挫折しそう・・・。
スポンサーサイト

テーマ:幻水5 - ジャンル:ゲーム

レジェンド・オブ・ゾロ
マスク・オブ・ゾロの続編。主演、監督も引き続き。
今回はゾロの家庭内の問題がメインになってますね。

今回は結構軽い感じがしましたね。スパイキッズみたいな。
それにしてもアントニオ・バンデラスはやっぱり濃いwそれと、キャサリン・ゼタ=ジョーンズはキレイですねぇ。
完全な娯楽映画だと思います。定石通りの展開に予想範囲内で納まったって感じですね。それ以上でもそれ以下でも無し。
古い洋画を見ているような、そんなB級テイストもたまらない。こういうの好きですね。
ヤキモチ焼きのゾロはなんだか楽しいし、子供がカワイイですね。愛馬のトルネードもいい味出してますし。
アクションも血が流れないし、残酷な描写でもないですね(最後を除く)ゾロは完全無欠のヒーローって感じでなくって、普通のおじさんって部分があるから親近感が持てるんじゃないかなと思います。

かなーり、気楽に肩の力を抜いて観れる娯楽映画だと思います。

個人的採点:★★★★★★★☆☆☆

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

フライトプラン
ジョディー・フォスター主演の飛行機という密室の中でのサスペンス映画。

予告を見たときは、「これは面白そう!」って思いワクワクしながら行きました。
導入部分は期待感の高まる感じで、どんどん世界に入って行きました。
期待通りか!・・・って思ったんですけどね、ですけどね・・・。
後半の謎解きはあっさり過ぎ。もうここから落ちる一方ですよ。このガッカリ砲は強烈でした・・・。前半が面白かっただけに・・・。
後半はアクション映画かと。私はサスペンスを観に来たんだと。
ジョディー・フォスターは子供を守る強い母親っていうのはピッタリだと思う。だけど強すぎる。最強レベルでラスボスに挑むような感じ。
閉鎖空間でのミステリーってのをシンプルにやれば面白かったのに。

集団心理っていうのかな?あれだけの人が居てもやっぱり一緒に乗った人以外は全然観ていないんだなと思いました。他人への無関心。怖いですね。あと、アラブの人への偏見の部分も。こういった社会派な部分もチラリとありましたね。

サスペンスかと思ったらダイハード。そんな感じの映画。

個人的採点:★★★★★☆☆☆☆☆

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ソロ活動で死にまくり
昨日は3回死んだ・・・。
空のエレにソロでちまちまメリポ稼ぎ。火エレは誰かがやってたので、移動が面倒だから水エレに移動。ポイゾガII痛すぎ・・・○| ̄|_
次は、火エレ空いてたので、ガシガシ狩ってたんですけど、ファイガIII止めるのミスって直撃。バーンのスリップで死亡・・・○| ̄|_
最後は、LSの人と火エレやってたんですけど、ロボの近くで魔法撃っちゃって、ロボ反応→エレのタゲも取ってたので両方からボコボコ→死亡・・・○......| ̄|_
リレイズ装備持って行ってなかったんですよ。今まで死んだことなかったし、死ぬ事はまったく考えていなかったんですよね。
もうエレなんて嫌いだーヽ(#`Д´)ノ

そして、今日の朝空へ足を運んでいる自分・・・wwwwwww
到着早々、エレ狩ってる時に回線切断→復帰したら死亡wwwwww
も、もうダメポ・・・(´・ω・`)
その後LSの人と合流してガシガシ狩って、昨日と今日の死亡分は取り返して再びカンスト。ホッ。

監獄でフェロー

そのあと、いつものごとく監獄でフェロー上げ。
目標はフルアダマン。まだまだ先は長そうですよ。
そして、夜には「虚ろなる闇」の調査に行って、タクティクスパール取ってきました。

現在のフェローレベル40。

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

オリバー・ツイスト
原作はチャールズ・ディケンズの同名小説。過去に映画化もされてたみたいですね。小説は読んでないですし、過去に映画も観てないです。

セットなどにお金をかけているだけあって、凄い。これだけで観る価値があるかもしれないですね。
19世紀ロンドンの街並みにしろ、衣装にしても、素晴らしい。

前半は面白かったです。葬儀屋の家を飛び出すまでは・・・。
主人公のオリバーが優しいとか純粋とかでなくて、ただ周りに流されているだけという風にしか見えなかった。
あと、気になるのがオリバー出世の秘密。母親のことで怒り出すシーンとかあるんですけど、なぜ怒るのか疑問。なんだろう、過去がすっぱりと抜けちゃっているんですよね。原作はきちんと描かれてるみたいですけど(過去に映画化されたものも描かれてるっぽい?)
正直、周りで必死に生きていたスリの男の子たちの方が魅力的でした。

セットや衣装も見所なひとつですけど、一番の見所はやっぱり、
ナンシー役のリアン・ロウの胸の谷間
これだと思いますw

個人的採点:★★★★★★☆☆☆☆

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

THE有頂天ホテル
多くの人がひとつの場所に集まる、グランドホテル形式の映画です。
スイートルームにはグランドホテルの映画の出演者の名前を使ってますしね。

三谷作品は結構好きなんですよ。「王様のレストラン」「警部補 古畑任三郎」とか。「やっぱり猫が好き」も好きですね。

登場人物が豪華でしたね。よくこれだけの人物にそれぞれ見せ場を作ってまとめてあるのは凄いと思いました。さすがですね。
ただ、多すぎる。風呂敷を広げすぎたのか、それぞれを活かしきれずに、山場が少なく平坦な感じがしました。
笑える部分はあるんですけど、爆笑まではいかなかったし、感動した!までもいかなかったです。
最後にバラバラだった人たちが、みんなで何かドーンとやっちゃうのかな?と思って観てたんですが…来なかった…。とりあえずなんでもよかったから、何かあって欲しかったですね。最後に奇跡が!って展開だったら満足出来たんだろうな。

気軽に肩の力を抜いて観れる映画だと思います。

個人的採点:★★★★★☆☆☆☆☆

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。