typeM blog
映画やゲームや日々の出来事。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女
C・S・ルイス原作の小説の映画化。原作は読んでないです。
全部で7作(だっけ?)あるんだけど、今のところ全部やる事は決まってないみたい。
やるなら全部やってよ・・・。

児童向けってことなのでご都合主義ですけど、まぁ楽しめました。可もなく不可もなく。
観終わってからは、「あぁ、ディズニー映画だな」と感じた内容。
前半の表現はよかったんじゃないかなと思う。世界観を十分表現出来ていたんじゃないかなぁと。
ナルニアに初めて足を踏み入れるシーンとかいいと思った。

やっぱりファンタジーってことでロード・オブ・ザ・リングと比べちゃう。とくに後半はどうしても似たような感じの撮影になっちゃってるし。
そして比べちゃうとどうしても見劣りがする。クオリティーが違いすぎる。
そして、ナルニアの方はよりRPGっぽくなってる。なんでもアリって感じ。まぁ、あそれがファンタジーの世界なんだけど、正直やりすぎ感があるかな。

僕的に最大の欠点と思えるのが、二人のアダムと二人のイブが全然救世主に見えないってこと。お前ら居なくても救われたんじゃないのか・・・。

期待しすぎに注意ってことで。

個人的採点:★★★★★★☆☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ:映画評価 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
有害液体汚染防止管理者
有害液体汚染防止管理者とは、有害液体物質を船舶で輸送する際に、作業設備や作業方法に関して船長に提案したり、有害液体輩出設備や作業装置・器具などの点検、事故が起きた場合に必要な資材の維持などを行う専門家を認定する国家資格 http://material.wglorenzetti.com/
【2008/10/26 05:09】 URL | anon #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://typem.blog46.fc2.com/tb.php/15-aa550edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。