typeM blog
映画やゲームや日々の出来事。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリバー・ツイスト
原作はチャールズ・ディケンズの同名小説。過去に映画化もされてたみたいですね。小説は読んでないですし、過去に映画も観てないです。

セットなどにお金をかけているだけあって、凄い。これだけで観る価値があるかもしれないですね。
19世紀ロンドンの街並みにしろ、衣装にしても、素晴らしい。

前半は面白かったです。葬儀屋の家を飛び出すまでは・・・。
主人公のオリバーが優しいとか純粋とかでなくて、ただ周りに流されているだけという風にしか見えなかった。
あと、気になるのがオリバー出世の秘密。母親のことで怒り出すシーンとかあるんですけど、なぜ怒るのか疑問。なんだろう、過去がすっぱりと抜けちゃっているんですよね。原作はきちんと描かれてるみたいですけど(過去に映画化されたものも描かれてるっぽい?)
正直、周りで必死に生きていたスリの男の子たちの方が魅力的でした。

セットや衣装も見所なひとつですけど、一番の見所はやっぱり、
ナンシー役のリアン・ロウの胸の谷間
これだと思いますw

個人的採点:★★★★★★☆☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
亜麻仁油でばっちりダイエット
亜麻仁油(フラックスシードオイル)は亜麻の種である亜麻仁からとれた油のことです http://mononoke.sabellsenterprises.com/
【2008/11/03 08:49】 URL | anon #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://typem.blog46.fc2.com/tb.php/9-302878e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。